FC2ブログ

Office 2007 の延長サポートが終了

Office 2007 の延長サポートが、今年=2017年10月10日(火)で終了になります

Officeといえば、言わずと知れた WordExcelPowerPointAccessOutlookなどのアプリケーションソフトをまとめた言い方。つまり、Wordであれ、Excelであれ、Outlookであれ、2007バージョンのものは、今年の10月までにはなんとかしなくちゃ ってことなんです。

Officeのサポート期間はもともと5年で、それに延長サポート5年をつけて最長10年間は保証されますが、その期間が今年の10月で切れちゃうんですが、「いや、このパソコン買ったの7年前やから、まだ10年経ってない」なんておっしゃる方もおられるかもしれませんが、実は家電品などの保障と違い、コンピューターソフトの保証期間というのは製品発売開始日から数えるのです。だから、使った期間にかかわりなく、強制的にサポート終了となるわけです。

思えば、Office2007とはいろいろありました・・・(爆)
2007Ver.から、Officeは今のリボン形式になりました。それまではメニューバー・タスクバーというもので主な操作をしていたのが、急にリボンとかいう山ほどボタンのあるものが出てきて、最初は多くのユーザーが怒りの声を上げたものです(`o´) ワタクシもそのひとりだったわけですが、そのころに当時勤めていた会社(コレでも会社員でした、ハイ!)をリストラになり、その後少したってからパソコンインストラクターを志し、資格取得&就職活動ののち 最初のパソコン教室で基金訓練のインストラクターとなったのです。つまり、インストラクターになって最初に教えたOfficeのバージョンが2007だったので、好きもキライも言ってられなくなりました。そしてその状態が3ケ月もすると、ひとつ前の2003とか、すごい使いづらかったのを覚えています。 教室では2007だけど、家のPCでは2003って受講生さんから質問を受けるたび、ついこの前まで自分も使っていたのに、ボタンの場所どこやっけ? って感じで、グーグルの画像検索とかして2003の画面のスクショを見ながら教えたりして・・・(//>ω<)

あー、なんか思い出話になっちゃいましたが、とにかくOffice2007のサポートが終わります。 サポートが終わったからと言って使えなくなるわけではないですが、ネットのつながるPCで使っている以上、セキュリティホールが放置されればコンピューターウィルスなどの標的にもなりかねず、そのまま使い続けるのは正直オススメできません(><)

というわけで、いろいろバージョンが変わるのがめんどくさい、っていう方は、ソフトを購入するのではなく、Office365というシステムを使って、月会費を納めると常に最新バージョンのOfficeが使えるというサービスをおススメいたします。

パソコンはときどきアップデートを

パソコンのアップデートは、時々やっておかないとっ!! ・・・突然、スミマセン。 実は・・・・・・・・

ブログを作成したい、二十代前半の主婦の方のフォローをさせていただきました。 昨日からずっとネットでやり取りしてきて、こちらはPCで対応しているので、なんとなく相手もそうだと思い込んでいたのですが、今日確認したところ、これまでのやり取りはすべてスマートフォンを利用していたとのこと。いやぁ~、文字の入力やレスポンスも早いし、彼女それで文書作成のバイトまでやっているとのこと。恐れ入りました(><)  まぁでも・・・

無料ブログサービスを利用してブログを作成する場合、スマホサイトだけではなくPCサイトも同時に作られます。なので、PC用のテンプレートを選んで見栄えを確認しましょうということで、彼女にとっては久々にPCを起動していただきました。 すると、電源を入れてネットにつながったとたん、Windows Updateウインドウズアップデート)というものが始まり、なかなかパソコンの操作ができず! しばらく使っていなかったパソコンって、こういうことがよくあります。 私は、普段使っているPCのほかに、タブレットを入れて3台のPCを持っていますが、基本これらのPCは普段は使っていないわけなので、使いたいときにアップデートで時間をとってしまうと致命的です。なので、使用する予定の前日にはかならず時間に余裕をもって電源を入れ、Windows Updateの手順をさっさと手動で済ませてしまいます。 使っていなかった期間が長ければ長いほど、アップデートには時間がかかると考えたほうがよいので、皆様も久々にPC使うかもっていう時には、少し早めに電源を入れられることをオススメいたします。( ̄^ ̄)ゞ

請求書の作成と共有

Excelを使って請求書フォーマットを作成し、OneDriveに保存して共有をかけました。そうすることで、こちらで作成した請求書の内容をオーナーさんに確認してもらうことができます。メールの添付ファイル機能を使うこともできますが、そうするとコピーがあっちこっちにできてしまい、収拾がつかなくなることも考えられますし、ミスも出てきます。その点、共有ファイルを両方から確認・編集できると、無駄がなくていいと考えました。ただ、請求書を両方から無造作に編集してしまうのもこわいので、オーナーさんの確認欄を作り、最終的にOKになった場合は、確認済の表示を出してもらうように設定しました。確認済のファイルは、こちらでPDF化して請求先にメール添付して送ることになっています。メールアドレスも、請求書送付用に作成していただいたので、それを使っています。

メールの方は、Gmailで作成されましたので、最初Webメール機能を使っていたのですが、テンプレートが作成できないなど、多少不便なところがありましたので、原則、私自身が使用している 無料メールソフト「サンダーバード」にアカウントを追加する形で使用することにしました。
サンダーバードの気に入っている点は、(他のメールソフトにもあるとは思いますが)アカウントごとにテンプレートを複数作成しておくことができる点、開封確認などの設定もアカウントごとにできる点です。今回の請求書の送付では、複数の取引先ごとにテンプレートを作成できて、開封確認を要求できることが大切です。 まぁ、使い慣れているという部分も、、使いやすさには欠かせませんね。